診療内容について

ABOUT MEDICAL

直線偏光近赤外線治療器について

直線偏光近赤外線治療器スーパーライザーPXとは?

直線偏光近赤外線治療器スーパーライザーPXを導入しました。
 
【特徴】
 スーパーライザーは、光のなかでもっとも生体深達性の高い波長帯の光(0.6μm~1.6μm)を、ピークパワー5Wパルス照射出来る光線治療器です。直線偏光近赤外線には血管の拡張・生体活性物質の生産を促進する作用・神経興奮性の抑制などに関与し、鎮痛・消炎、創傷治癒に効果があります。この光は心地良い温感があり痛み等は伴いません。
また最高5W+5Wの高出力をパルス照射することにより、生体深達性が高まり、従来のスーパーライザーより治療時間が短縮しました。

【星状神経節近傍照射療法】
星状神経節への近傍照射は、どのような患者様にも施行でき、無痛かつ無侵襲であることに加えて、実施が容易な治療法です。ストレス等で緊張している交感神経を正常な状態に戻し、血行を改善することにより、多くの疾患に効果を発揮します。
 
【星状神経節照射の主な適応疾患】
頸椎症・五十肩・肩こり。顎関節症・神経痛・顔面痛
更年期障害・筋緊張性頭痛・テニス肘・自律神経失調症
上肢血行障害・緑内障の視野改善・眼精疲労・耳鳴り
メニエール病・突発性難聴・めまい・咽頭頭異常感症
末梢顔面神経麻痺・中斜角筋症候群・帯状疱疹・関節炎
ストレス性円形脱毛症・反射性交感神経委縮症・不眠症
アレルギー性鼻炎・花粉症・抜歯後痛・舌痛症・多汗症
頸肩腕症候群・胸部出口症候群・肩関節周囲炎・腱鞘炎
手足の血行障害など。


【筋肉・関節への照射】
筋肉(特に、インナーマッスルの圧痛部位)・関節に照射することにより、血行を改善し神経の興奮をおさえることにより痛みをとりのぞいていきます。
 

【その他の適応疾患】
最近では「線維筋痛症」でお悩みの患者様への治療にも
使用されております。
詳しくは院長までご相談下さい。

【スーパーライザーが使用されている施設】
ペインクリニック、整形外科、リハビリテーション、内科、皮膚科、耳鼻科、眼科、歯科口腔外科、Jリーグ、プロ野球、ワールドカップサッカー、オリンピックなど。

最新鋭CTについて

次世代型マルチスライス 高性能CTを導入しました。

最新技術により、従来の常識を超え、
☆ 従来比で1/4程度の低X線量
☆ 1分以内での短時間撮影
☆ 明るく開放感あふれる構造
これらを実現し、患者さんの負担を大幅に軽減しています。
この最新鋭CTの導入により、
背骨や手足の変形性関節症の詳細な評価や、
頭部も含めた全ての外傷にも即座に対応が可能となり、
今まで以上に高いレベルの治療ができるようになりました。

リハビリについて

最新リハビリテーション機器を取り揃えております。

最新型牽引装置①

最新型牽引装置は、患者様は椅子に深くもたれるだけ。リラックスしながらも安定した治療姿勢を維持することができます。
【効能効果】
頸椎症の治療に使用する。
【適応】
椎間板ヘルニア、椎間板変性・椎間関節障害・脊椎症、頸肩腕症候群。

最新型牽引装置②

患者様はただ椅子に座っていただくだけで理想的な牽引姿勢を自動的にセットし、腰椎の治療を行います。腰椎牽引療法は、牽引部位の筋スパムの改善や間欠牽引によるマッサージ、椎間開大の手助けをして神経への圧迫を和らげるなどの作用が考えられています。治療に際しては腰臀部の筋をリラックスさせ、股関節と膝関節とを十分に屈曲させる前屈位姿勢で牽引することが望ましいとされています。

ウォーターベット型マッサージ機

最新型のウォーターベットです。

最新型電気治療装置

低い周波数刺激の特性である”持続性”と、”表面”の運動点への刺激。高い周波数刺激の”即効性”と”深部”の運動点への刺激。”力強い”刺激感を生むタイダル波。”心地よい”刺激のウェーブ波。これらの相反する要素を融合させた電気刺激が、これまでの治療器の概念を打ち破りました。

電気治療装置効能

 

最新型マイクロ波治療装置

周波数が2450MHzのマイクロ波(電磁波)を使用します。マイクロ波は生体の皮膚、脂肪、筋肉層に吸収され、そのエネルギーは熱に変換されて組織を加温します。照射アンテナを患部に向けるだけで、服の上からも簡単に温熱治療を行うことができます。
【効能効果】温熱による治療のために電磁波を照射し体組織の加熱を行う。
【適応】挫傷、捻挫、腱鞘炎などの外傷、関節リウマチの痛み、筋スパズムなど。

超音波装置①

最新鋭の超音波装置です。

超音波装置②

目的に合わせて超音波装置を使い分けています。

デジタル画像システム

デジタルレントゲンにより、スムーズな診察と被曝の低減を実現しています。